Facebook広告、「グノシー」「auスマートパス」などに配信可能に | RBB TODAY

Facebook広告、「グノシー」「auスマートパス」などに配信可能に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

広告配信イメージ(Supershipリリースより)
  • 広告配信イメージ(Supershipリリースより)
  • 導入予定媒体(Supershipリリースより)
  • 広告フォーマット(Facebookリリースより)
 Facebookは30日、KDDIグループ会社のSupershipとのパートナー契約締結を発表した。広告における日本国内オーディエンスネットワークの拡大で協力を行う。

 Supershipは、Facebookのオーディエンスネットワークにおいて、世界初のSSP(サプライサイドプラットフォーム)パートナーとなる。このパートナーシップにより、各社のモバイルアプリがオーディエンスネットワークに参画し、FacebookからFacebook広告の配信を行うことが可能となる。

 具体的には、Supershipの「Ad Generation(アドジェネ)」のネットワークにすでに繋がっている「グノシー」「Zaim(ザイム)」「ジョルダン乗換案内」「ジモティー」「auスマートパス」などのアプリに、Facebook広告がそのまま配信可能になる。Facebook広告の機能であるターゲティング機能や測定機能などもそのまま利用可能。

 オーディエンスネットワークの広告フォーマットは、アプリのインターフェイスに合わせたネイティブ広告、フルスクリーンのインタースティシャル広告、320x50ピクセルのバナー広告が表示可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top