岡本夏生、テロ当日パリに居たことを明かす | RBB TODAY

岡本夏生、テロ当日パリに居たことを明かす

エンタメ その他

 タレントの岡本夏生が17日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演。同時多発テロで様変わりしたパリの様子を語った。

 パリで同時多発テロが発生した際、旅行で現地に滞在していたという岡本は、番組MCのふかわりょうから「現地の様子を肌で感じてどうだったか?」と問われ、「あの日の夜は何も知らずにホテルで寝た。翌朝起きたら24件のLINEが入っていて"あれ?私なんかやらかしたかな?"と思った」と語り、LINEを見て事件のことを初めて知ったと明かした。滞在先のホテルでは銃声やサイレンなどは聞こえなかったという。

 事件を知ってからは「こんなに緊張したことはなかった」という岡本。「ホテルから出るべきか居続けるべきか悩んだ」が、パリに住んでいる友人と相談した結果、安全なところを選んでバスの中で景色を見ながら観光したという。観光することはできたそうだが観光地にはほとんど人がいなかったという。

 友人の元プロレスラー・タレントの北斗晶から情報を得て無事帰国したという岡本。「2年前に行ったときとパリの様子がなんか違うと思っていたが、まさかこんなことになるとは…」と沈痛な面持ちでパリの状況を心配していた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top