阿部サダヲ主演映画に竹内結子、松田龍平ら豪華キャスト! | RBB TODAY

阿部サダヲ主演映画に竹内結子、松田龍平ら豪華キャスト!

エンタメ 映画・ドラマ

阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』のキャストが発表された!
  • 阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』のキャストが発表された!
  • 阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら豪華キャストが共演
  • 実在した人物たちによる実話がユーモアに描かれる
 中村義洋監督、阿部サダヲ主演の新作映画『殿、利息でござる!』のキャストが発表され、その扮装姿も公開された。

 映画『殿、利息でござる!』は、2010年に映画化された『武士の家計簿』などの作品で知られる磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編『穀田屋十三郎』が原作であり、今回、映画『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢』などで知られる中村義洋監督によって映画化された。

 同作品では、人々が年貢の取り立てや労役で困窮していた江戸中期の仙台藩吉岡宿が舞台になっており、阿部サダヲ演じる、実在した穀田屋十三郎(こくたや・じゅうざぶろう)ら庶民9人が町を救うために立ち上がる。しかし、その町を救うための秘策とはなんと、藩に大金を貸し付け、”利子”を巻き上げるという逆転の発想であった。実在した人々がお上との”銭戦(ゼニバトル)”のなかで起こす奇跡と感動がユーモアに描かれている。

 酒屋を営む主人公・穀田屋十三郎役に阿部サダヲ、町一番のキレ者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)役に瑛太、十三郎の弟・浅野屋甚内役には妻夫木聡ら豪華キャストが。そして今回、さらに10名のキャストが発表され、皆に愛される飯屋のおかみ(未亡人)・とき役に竹内結子、冷酷無比な藩の役人・萱場杢役に松田龍平が選ばれたほか、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、草笛光子、山崎努らも出演する。

 ときを演じる竹内結子は、「時代劇映画初ということでメイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって撮影に臨むことが出来たと感じています」と、初めての時代劇映画への思いを語っている。

 また、中村監督は今回のキャスティングに対し、「今回ほどキャスティングに時間を使った映画はありません」と述べた上で、「九人の篤志家と、見守る女性、そして酷薄怜悧な御上と、バランス(年齢、顔、形や、観客が思っているであろう印象と、それへの裏切り等)を考えながら、一人一人、慎重に、時間をかけてキャスティングしていきました。今どき何とも贅沢な時間の使い方をさせて頂いた気がします」とコメントしている。

 映画『殿、利息でござる!』は、2016年5月14日全国ロードショー。
《山本ちひろ》

関連ニュース

特集

page top