貼るだけで使えるカジュアルホームセキュリティ「Secual」 | RBB TODAY

貼るだけで使えるカジュアルホームセキュリティ「Secual」

ブロードバンド セキュリティ

「Secual」の展示。センサー端末とゲートウェイ端末で構成された製品となる(撮影:防犯システム取材班)
  • 「Secual」の展示。センサー端末とゲートウェイ端末で構成された製品となる(撮影:防犯システム取材班)
  • 窓ガラスへの装着イメージ。外側から見るとLEDとステッカーが視認でき、犯罪抑止効果も期待できる(撮影:防犯システム取材班)
  • センサーが検知するとスマートフォンアプリへと通知が届く(撮影:防犯システム取材班)
  • 家族などユーザー間で警戒モードのON/OFFを共有することも可能(画像は公式Webサイトより)
 Secualは、虎ノ門ヒルズで27日まで開催されている「第3回 TOKYOイノベーション リーダーズ サミット」にて、窓や玄関ドアなどに貼るだけで使えるホームセキュリティ機器「Secual」の展示を行った。

 現在、クラウドファンディングサイトにて先行発売を実施中の製品で、高価になりがちなホームセキュリティ製品を「もっと手軽に」「もっとカジュアルに」をコンセプトにしている。

 いわゆる防犯センサーを使った侵入検知機器&サービスで、センサー端末がドアや窓の開閉や一定以上の振動や衝撃を検知すると、ゲートウェイ端末に検知情報を無線伝送し、そこからスマホアプリへと異常を通知する。

 最大の特徴は設置・運用の手軽さ。センサー端末は、シールをはがして窓や玄関ドアに貼り付けるだけでOK。ゲートウェイ端末は、コンセントに差し込み、電源を入れ、Wi-Fi環境にペアリングし、アプリの初期設定を行えば運用開始できる。

 初期費用は1万円からとなり、月額利用料は980円からとなる(設置するゲートウェイ数、センサー数により変動)。11月末までクラウドファンディングサイトでの先行発売を行い、12月から一般発売を予定しているという。

 オフィスや店舗、家庭の防犯対策から、子どもや高齢者の見守りまで、さまざまなシーンでの利用が可能だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top