月額500円から始められるワンルーム向けホームセキュリティサービス | RBB TODAY

月額500円から始められるワンルーム向けホームセキュリティサービス

ブロードバンド セキュリティ

月々500円(税別)で留守中の不正な侵入を検知することができる「SMART ROOM SECURITY」の基本セット。左から、リモコン、マグネットセンサー2個、親機(コンセントに挿されているもの)(撮影:防犯システム取材班)
  • 月々500円(税別)で留守中の不正な侵入を検知することができる「SMART ROOM SECURITY」の基本セット。左から、リモコン、マグネットセンサー2個、親機(コンセントに挿されているもの)(撮影:防犯システム取材班)
  • 「SMART ROOM SECURITY」の設置例。インターネット回線事業者が提供するホームゲートウェイに接続した親機へ、防犯センサーの検知情報を集約。インターネット回線を通じて、各登録端末にメールを送る(画像は公式Webサイトより)
  • SOSボタンが付いた「SMART ROOM SECURITY」のリモコン。SOSボタンを押せば登録している端末へ緊急を知らせるメールを送ることができる(撮影:防犯システム取材班)
  • 現在用意されている製品ラインナップ。BluetoothやWi-Fiバーションはインターネット回線に加入者向けで、SIMバージョンは非加入者向けのサービス(撮影:防犯システム取材班)
 プリンシプルは、虎ノ門ヒルズで27日まで開催されている「第3回 TOKYOイノベーション リーダーズ サミット」にて、同社が提供するワンコインホームセキュリティ「SMART ROOM SECURITY」の展示を行った。

 女性のひとり暮らしの“防犯”を想定した製品で、防犯センサーにより侵入を検知すると、登録した端末(最大5台)に通知を行い、危険を知らせるというもの。

 検知に使う防犯センサーはマグネット式開閉センサーで、ドアや窓の不正な開閉を検知する。主にワンルームに住む人に向けたサービスのため、防犯センサーは玄関用と窓用の2つで、オプションにより、監視カメラと連動させることも可能だ。また、必要に応じて提携する警備会社の警備員が駆けつけるプランも用意されている。

 特徴は、不正侵入の検知を行った際に通知されるアラートが、登録先の端末がマナーモードでも大音量で警告を伝えるように設定にできる点。これによりアラートの見逃しを防ぐことができる。

 利用者が持ち歩くことになるリモコンには、「SOS」ボタンを搭載しており、押すと事前登録してある連絡先に助けを求めるアラートを発することも可能だ。

 初期費用が10,000円で、サービス料金は、セキュリティ親機1個、防犯センサー2個、SOSボタン付きのリモコン1個が付いたプランが月額500円。防犯センサーの追加は1個に付き月額200円が加算される。

 警備員のかけつけサービスは現在のところ九州エリアのみの対応となるが、月額480円のオプションで、1回の駆けつけに付き5,000円となる。監視カメラオプションは、いずれも税別でカメラ1台追加&ライブ映像の確認のみなら月額1,000円、録画機能付きだと月額2,000円となる。料金は、いずれも税別で、利用環境によっては、料金が異なることもある。

 ちなみに基本的にはBluetoothやWi-Fi経由で通知を送るのだが、インターネット回線の契約をしていないユーザー向けに、通信機能を搭載した専用タブレットをセットで利用できるプランも月額980円(税別)で提供されるようになったそうだ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top