UQ mobile、データチャージ・データ容量くりこし・ターボ機能に対応 | RBB TODAY

UQ mobile、データチャージ・データ容量くりこし・ターボ機能に対応

ブロードバンド 回線・サービス

データチャージ
  • データチャージ
  • データ容量くりこし
  • ターボ機能
 UQコミュニケーションズおよび沖縄バリューイネイブラーは22日、au 4G LTE網を使ったMVNOサービス「UQ mobile」について「データチャージ」「データ容量くりこし」「ターボ機能」に対応することを発表した。11月1日よりオプション機能として追加する。

 「データチャージ」は、データ容量が足りなくなった場合に追加でチャージ(購入)ができる機能。100MBを200円、500MBを500円で提供する。有効期間は90日間。「データ無制限プラン」(音声通話付きプランを含む)のユーザーも利用でき、チャージしたデータ容量分の高速データ通信が可能。

 「データ容量くりこし」は、余ったデータ容量を翌月に繰り越せる機能。繰り越し上限は翌月のプラン基本データ容量(3GB)まで。容量消費は、繰り越し分>基本データ容量>追加購入データ容量の順番に行われる。

 「ターボ機能」は、通信速度の切り替え機能。高速通信(受信最大150Mbps、データ容量を消費)が必要ないときは低速通信(受信最大200kbps、データ容量を消費しない)で節約することができる。専用サイト上のON/OFF操作で任意に切り替えができる。初期設定はターボ切替機能が「ON」の状態になる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top