UQ WiMAX 2+、9月末に220Mbps全国エリア化を完了 | RBB TODAY

UQ WiMAX 2+、9月末に220Mbps全国エリア化を完了

ブロードバンド テクノロジー
UQ WiMAX 2+の下り最大220Mbps対応に関するページ
  • UQ WiMAX 2+の下り最大220Mbps対応に関するページ
  • 「UQ WiMAX」サイト
 UQコミュニケーションズは10日、WiMAX 2+周波数帯の拡張完了予定について発表した。

 WiMAX 2+では、2月12日の栃木県真岡市からスタートし、キャリアアグリゲーション技術による下り最大220Mbps対応のエリア整備が進んでいる。今回、9月上旬から、首都圏、京阪神、名古屋、政令指定都市などにおいて、WiMAX 2+の周波数帯の拡張を行うことが発表された。9月末には下り最大220Mbpsの全国エリア化を完成する予定とのこと。

 一方でWiMAX 2+の周波数帯が2倍に拡張されたエリアでは、WiMAXの下り最大速度は40Mbpsから13.3Mbpsに減速される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top