パナソニック、防爆仕様の堅牢タブレット「TOUGHPAD」 | RBB TODAY

パナソニック、防爆仕様の堅牢タブレット「TOUGHPAD」

IT・デジタル モバイル

防爆仕様を施した堅牢タブレットPC「TOUGHPAD」。Windows版とAndroid版がラインナップされる
  • 防爆仕様を施した堅牢タブレットPC「TOUGHPAD」。Windows版とAndroid版がラインナップされる
 パナソニック システムネットワークスは14日、防爆仕様を施した堅牢タブレットPC「TOUGHPAD(タフパッド)」の新モデルを発表した。価格はオープンで、発売は10月下旬。

 防爆仕様とは、ガス爆発リスクのある防爆エリアでも利用できる国内防爆検定を取得したモデル。帯電防止構造への変更などにより、従来モデルでは使用できなかった大型プラントや化学・製薬工場などの防爆エリアでも使用が可能。その際は、標準で付属する革ケースに入れて使用する。対象ガス又は蒸気の爆発等級及び発火度は「IIC T4 Gc」、使用可能な危険区域は第二類危険箇所(Zone2)、使用可能な主なガス種別は、アセトアルデヒド、ガソリン、アセチレン、水素となっている。

 SIMスロットを装備しており、NTTドコモ、au網のLTE/3G回線に対応して音声通話/データ通信が可能。OSにWindows Embedded 8.1 Handheld Update2搭載モデルとAndroid 4.2.2搭載モデルがラインナップされ、それぞれNTTドコモ、auバージョンが用意される。

 ディスプレイは5型1,280×720ピクセル、クアッドコアプロセッサ、メモリ2GB、ストレージ32GB、カメラは800万画素/130万画素という仕様。同シリーズの誇る堅牢性は、耐落下1m、防塵・防滴がIP54準拠となる。IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0をサポートし、照度/近接、加速度(6軸)/ジャイロ、デジタルコンパス、気圧といったセンサー類も装備する。本体サイズは幅101mm×高さ188mm×奥行45mm、重量はWindows版が598g、Android版が約595g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top