世界最薄最軽量のWindows 10タブレット、東芝が「dynaPad N72」発表 | RBB TODAY

世界最薄最軽量のWindows 10タブレット、東芝が「dynaPad N72」発表

IT・デジタル ノートPC

液晶部は厚さ約6.9mm、重量約569gと同型のタブレットとしては世界最薄最軽量のタブレットとなる「dynaPad N72」
  • 液晶部は厚さ約6.9mm、重量約569gと同型のタブレットとしては世界最薄最軽量のタブレットとなる「dynaPad N72」
  • ペンも付属し、手書きノートの感覚で使用できる
  • 前面にも200万画素のカメラを搭載
  • TransferJetもサポートする
 東芝は13日、12型の2 in 1タイプノートPC「dynaPad N72」を発表した。液晶部は世界最薄最軽量のWindows 10タブレットとなる。発売は12月中旬で、予想実売価格は130,000円前後。

 液晶部は厚さ約6.9mm、重量約569gと同型のタブレットとしては世界最薄最軽量で、持ち運びの利便性を追求。一方で筐体にカーボン素材と樹脂を採用し、従来比約4倍の強度という堅牢性も確保している。

 液晶は12インチで解像度は1,920×1,280ピクセル、OSはWindows 10 Home 64bit、プロセッサがAtom x5-Z8300(1.44GHz)、メモリ4GB、ストレージ128GBという仕様。

 同機では、“手書き”にこだわった端末になっており、ペンはワコムと共同開発したアクティブ静電結合方式で、最大1,000冊×1,000ページもの手書きノートを記録できるノートアプリ「TruNote」を搭載している。

 このほかに、カメラアプリ「TruCapture」、自動的に話者識別して表示できるボイスレコーダーアプリ「TruRecorder」、画面クリップアプリ「TruNote Clip」など独自の本格的なビジネスアプリを搭載している。Office Home & Business Premium+Office 365サービスも付属する。

 ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0と、対応機器同士を近づけるだけで大容量のデータを高速に転送できるTransferJetもサポートする。インターフェースはMicro USB×2、Micro HDMI、microSDカードスロットなど。前面に200万画素、背面位800万画素のカメラを装備する。タブレットとしての本体サイズは幅約299.4mm×高さ203mm×奥行6.9mm、重量は569g。キーボードが付いたときは奥行14.9mm、重量約996gとなる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top