食品工場の虫混入対策!色で虫を寄せ付けないシートシャッター | RBB TODAY

食品工場の虫混入対策!色で虫を寄せ付けないシートシャッター

エンタープライズ セキュリティ

「マジックオプトロン門番」の外側。緑色で室内の光を虫に見えない波長に変える。異物混入の主因となる飛翔性昆虫の誘引阻止率は80%(撮影:防犯システム取材班)
  • 「マジックオプトロン門番」の外側。緑色で室内の光を虫に見えない波長に変える。異物混入の主因となる飛翔性昆虫の誘引阻止率は80%(撮影:防犯システム取材班)
  • 内側は黄色。虫が黄色に引き寄せられる習性を利用し、侵入した虫をより内部へ進ませずに出入り口付近へ留めるという仕組みだ(撮影:防犯システム取材班)
  • センサーを使った開閉機能でハンズフリーによる出入りが可能。高速上昇で作業効率の向上に貢献。虫やホコリの侵入と室内環境の変化を防ぐ効果もある(撮影:防犯システム取材班)
  • シートシャッター下端は高濃度カプサイシン配合の防鼠仕様。シートをかじって屋外から侵入するネズミが絶えないという声に応えたもの(撮影:防犯システム取材班)
 イノベックスは東京ビッグサイトで開催された「フードファクトリー2015 食品工場改善設備展」にて、高い防虫効果を持つシートシャッター「マジックオプトロン門番」の展示を行った。

 食品工場における異物混入クレームの主な原因とされるのが虫の混入。そのうち80%は光に誘引される虫と言われているという。不可抗力なケースもあるが、ひとたび虫の混入が発覚すると、企業イメージに与える影響も大きく、その対策は非常に重要と言える。

 「マジックオプトロン門番」は大成イーアンドエル、小松電機産業、イカリ消毒の3社による共同開発製品。外からは緑色に、中からは黄色に見える「マジックオプトロンシート」で虫の侵入を防ぐシートシャッターだ。

 外側(工場の外部側)は虫が感応しやすい波長域500nm(ナノメーター)までの光を大幅にカット。特に飛翔性昆虫の誘引阻止率80%を可能にし、工場内に虫が入ることを抑止する。

 逆にシートシャッターの内側(工場の内部側)は、虫を引き寄せる黄にすることで、万が一、虫がシートシャッターの内側に侵入した場合も、出入り口近辺に虫を引き留め、より内部への進入を防ぐという仕組みだ。

 なお、シートシャッターはクリア素材のため、シートの向こう側の安全確認が目視でき、フォークリフトなどを使うような工場でも導入可能。

 シートシャッターの開閉は、自動ドアのようにセンサーで運用できるので、ハンズフリーでの入退場できる。さらにシートの下端はネズミ対策として高濃度カプサイシン配合されており、防鼠仕様になっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top