ファーウェイ、丸型スマートウォッチ「Huawei Watch」を10月16日に国内発売 | RBB TODAY

ファーウェイ、丸型スマートウォッチ「Huawei Watch」を10月16日に国内発売

IT・デジタル モバイル

バンド部の異なる4機種がラインナップされた「Huawei Watch」。価格は45,800円~
  • バンド部の異なる4機種がラインナップされた「Huawei Watch」。価格は45,800円~
 ファーウェイ・ジャパンは1日、クラシカルなデザインの丸型スマートウォッチ「Huawei Watch」を10月16日から国内発売すると発表した。4モデルがラインナップされ、予想実売価格は45,800円(税別)から。

 「Huawei Watch」は、3月のMWC 2015で同社初のスマートウォッチとして発表。ディスプレイは盤面にサファイアクリスタルを配し、タッチ感応式の1.4インチfull circle AMOLED(400×400ピクセル・286ppi)を採用。コントラスト比10,000:1と鮮明な表示が可能となっている。そのほかの仕様は、OSがAndroid Wear、1.2GHzプロセッサ、メモリ512MB、ストレージ4GB。

 同機では、スマートフォンにきたSMS、Eメール、カレンダー、アプリ、着信などを通知する。Bluetoothヘッドホンで音楽を聴いたり、オフライン時でも曲が聴けるよう、ミュージックダウンロード機能もサポート。音声入力では、曲を再生したり、経路検索なども行える。そのほか6軸モーションセンサー、心拍センサーを内蔵し、活動量や燃焼カロリー量、心拍数を計測。携帯検索機能も搭載した。対応端末はAndroid 4.3以上、iOS 8.2以上。

 バンド部の異なる4機種がラインナップされ、価格はブラックレザーのバンドを採用した「W1 Classic learther」が45,800円、ステンレススチールの「W1 Classic Stainless」が51,800円、ブラックのステンレススチールの「W1 Active」が57,800円、ゴールドのベゼルとブラウンレザーの「W1 Elite」が81,800円(いずれも税別)。「W1 Classic learther」、「W1 Classic Stainless」、「W1 Active」の3機種は10月16日から、「W1 Elite」は11月中旬に発売される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top