高い耐久性のタフスマホ「Galaxy Active neo」、ドコモより発売 | RBB TODAY

高い耐久性のタフスマホ「Galaxy Active neo」、ドコモより発売

 サムスン電子ジャパンは30日、高耐久性を誇るGalaxyブランドのスマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を、NTTドコモより発売することを発表した。11月上旬以降、ドコモショップおよび家電量販店等にて、販売を開始する。

IT・デジタル スマートフォン
「Galaxy Active neo」製品写真
  • 「Galaxy Active neo」製品写真
  • 主な仕様
  • 「Galaxy Active neo」カモホワイト
  • 「Galaxy Active neo」ソリッドブラック
  • 米国国防総省軍用規格(MIL-STD-810G)21項目および独自試験4項目
 サムスン電子ジャパンは30日、高耐久性を誇るGalaxyブランドのスマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を、NTTドコモより発売することを発表した。11月上旬以降、ドコモショップおよび家電量販店等にて、販売を開始する。

 「Galaxy Active neo」は、防水・防塵、さらにバッテリーの持ち時間など、“タフさ”に重点を置いたスマートフォンだ。4.5インチ液晶には「Corning Gorilla Glass4」を採用し、従来のスマートフォンに比べて約2倍の強度を実現した。

 「高さ約1.5mから26方向で合板(ラワン材)に落下させる試験」「深さ約1mの水中に30分間浸漬させる試験」など、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」21項目の準拠に加え、耐衝撃や耐荷物圧縮、耐海水、浴場など、4項目の独自耐久試験にもクリアしたという。キャップレス防水にも対応している。

 バッテリーの持ち時間が約5日間アップする「バッテリー温存モード」に対応。左側面にあるアクティブキーを長押しだけで移行できる。手袋をしたまま操作可能なハードキーや高感度タッチパネル、濡れても水を弾いて水滴を振り払うことができる画面撥水コーティング、不意の落下もサポートできるストラップホールなども搭載している。

 製品カラーはカモホワイト、ソリッドブラックの2種。サイズは約133×70×10.1mm・約154g。ディスプレイは約4.5インチ/TFT/WVGA。1.2GHzクアッドコア・内蔵RAM 2GB/ROM 16GBを搭載し、OSはAndroid 5.1を採用している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top