スマホで撮ると周辺の賃貸物件価格がわかるアプリ | RBB TODAY

スマホで撮ると周辺の賃貸物件価格がわかるアプリ

 中古住宅の個人間取引事業を行うhouselogシステムが、スマートフォンのカメラで物件を撮影することで、近隣の賃貸物件の家賃や売買物件情報を表示する「Snapsearch」をリリースする。9月14日からAndroid版、30日からiOS版の「Houselogシステム」に組み込まれる。

ブロードバンド その他
Snapsearchの概要
  • Snapsearchの概要
  • Houselogロゴ
  • Snapsearch利用イメージ
 中古住宅の個人間取引事業を行うhouselogシステムが、スマートフォンのカメラで物件を撮影することで、近隣の賃貸物件の家賃や売買物件情報を表示する「Snapsearch」をリリースする。9月14日からAndroid版、30日からiOS版の「Houselogシステム」に組み込まれる。

 Snapsearchは撮影時の位置データを利用して、周辺物件の賃貸・不動産情報を提供する仕組み。表示される情報は、「ファミリー向け」「シングル向け」といった情報で絞り込めるため、ユーザーの希望に合った不動産情報を手早く検索できる。なお、周辺不動産の成約参考価格は、提携不動産会社から提供された情報をもとに、平方メートル単価から予測される。

 Snapsearchで見つけた周辺不動産情報はお気に入り登録でき、スマートフォンからの問い合わせも可能。さらに、スマートフォンで鍵の開閉ができる「スマートロック」設置物件も掲載予定で、対応物件の場合は不動産業者などの同行なしで、その場で内覧できる。

 サービスエリアは都内23区の中古マンションからスタートし、徐々に提供エリアを拡大していく。houselogは今後、不動産業者を挟まず、直接ユーザーに訴求できる仕組みとして不動産の個人オーナーなどにアプローチしていくという。

スマホで撮ると周辺物件の参考価格がわかるアプリリリース

《こばやしあきら/H14》

関連ニュース

特集

page top