実質負担ゼロでICカード対応の決済端末を導入できる「Squareリーダー」、予約開始 | RBB TODAY

実質負担ゼロでICカード対応の決済端末を導入できる「Squareリーダー」、予約開始

エンタープライズ ハードウェア

ICカード対応Squareリーダー。スマートフォンなどで利用することも想定したコンパクトさも特徴の1つ(画像はプレスリリースより)
  • ICカード対応Squareリーダー。スマートフォンなどで利用することも想定したコンパクトさも特徴の1つ(画像はプレスリリースより)
  • スマートフォンに挿して利用する場合のイメージ。ICチップの読み取りと磁気ストライプの読み取りに対応(画像はプレスリリースより)
 カード決済サービスを提供するSquare(スクエア)は、接触型ICカードリーダーとしては業界最安値(2015年9月9日現在、Square調べ)となるICカード対応Squareリーダーの予約を、10日より大手家電量販店にて開始した。

 同製品は、スマートフォンやタブレット端末のイヤホンジャックに挿して使うタイプのクレジットカードリーダーで、2020年までに普及の大幅な拡大が予測されるICチップ付きのクレジットカードにも対応する。

 価格は、4,980円(税込・メーカー希望小売価格)。10月31日までにICカード対応Squareリーダーで決済の受け付けを始めた事業者に関しては、4,980円分の決済手数料が無料となり、導入者は実質的に端末購入費が0円となる。

 認証したカードの情報は暗号化されるため、カード利用者は安心して利用でき、本製品の運用者も、偽造カードへの対策が施されているので不正利用による被害を抑止できる。

 また、接触型ICカード以外にも既存の磁気タイプのクレジットカードに対応しているので、本製品の導入で2タイプのクレジットカードへの対応が可能になる。ただし、非接触タイプのICカードには非対応。

 想定する導入先は、個人事業者や中小企業で、さまざまな業務形態に対応したカード決済サービスを実現する。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top