LINE、Chromeアプリ版のLINEを公開……複数デバイス利用に特化 | RBB TODAY

LINE、Chromeアプリ版のLINEを公開……複数デバイス利用に特化

 LINEは30日、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」について、Google Chromeアプリ版を公開したことを発表した。Windows、Mac、Linux、Chrome OSでの利用が可能だ。

ブロードバンド テクノロジー
Google Chrome版LINEのトーク画面
  • Google Chrome版LINEのトーク画面
  • Google Chrome版LINEのメモ機能画面
 LINEは30日、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」について、Google Chromeアプリ版を公開したことを発表した。Windows、Mac、Linux、Chrome OSでの利用が可能だ。

 Google Chrome版LINEは、Google Chromeアプリとして提供されており、インストールすることでChromeを介してLINEが利用可能になるというもの。Googleアカウントを利用し、Chrome同士の同期を行っていれば、他デバイスからの利用も容易となる。

 LINEの基本的なトーク機能のほか、複数デバイスやPCでの利用を想定した機能として、「スクリーンキャプチャの撮影・送信機能」「メモ機能」「ファイル送受信機能(最大1GB)」が搭載されている。「メモ機能」は、自分用にテキストや画像を整理して保存できるもので、PCで作成したToDoリストを他PCで確認するといった用途に利用できるという。一方、PC版にも搭載されている音声通話機能、ビデオ通話機能などは非対応だ。

 なお、Google Chrome版LINEでは、自動ログイン機能は提供されていないため、毎回パスワードの入力が必要となる。また、初回ログイン時にはスマートフォン版LINEを使って本人認証する必要がある。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top