オプティム、ドローン対応ビッグデータ解析プラットフォーム 「SkySight」を提供 | RBB TODAY

オプティム、ドローン対応ビッグデータ解析プラットフォーム 「SkySight」を提供

エンタープライズ その他

農業ITでの活用例として、佐賀大学と佐賀県の農業試験研究機関において、ドローンを活用したデジタルスキャニングによるビッグデータ解析が行われている(画像はプレスリリースより)
  • 農業ITでの活用例として、佐賀大学と佐賀県の農業試験研究機関において、ドローンを活用したデジタルスキャニングによるビッグデータ解析が行われている(画像はプレスリリースより)
 オプティムは27日、ドローン対応ビッグデータ解析プラットフォーム「SkySight」を発表した。

 ドローン、IoT、ウェアラブルで収集したデジタルビッグデータを統合管理し、「ビッグデータ解析」「画像解析」「遠隔制御」を行うプラットフォームを提供するものとなる。

 「SkySight」を活用することで、ドローンによるスキャニングデータ、ウェアラブルデバイスによるデジタルデータ、各種センサーデータののマッピングと、ドローンによるスキャニングデータの画像解析と異常検知が可能。

 それらを組み合わせた複合的な情報や、過去データの解析などによる経過比較、ビッグデータとして蓄積されたデータに専門的なアルゴリズムを組み込んだ自動解析などを特徴としている。

 また、ウェアラブルデバイスの遠隔地からの制御も提供する。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top