今秋日本でも発売へ、中国Smartisanが独自OS搭載のミドルスペックスマホ「JianGuo」発表 | RBB TODAY

今秋日本でも発売へ、中国Smartisanが独自OS搭載のミドルスペックスマホ「JianGuo」発表

IT・デジタル スマートフォン
今秋の日本登場も検討されるSmartisanの5.5インチ液晶搭載「JianGuo」
  • 今秋の日本登場も検討されるSmartisanの5.5インチ液晶搭載「JianGuo」
  • 価格は889元(約16,600円)からと手頃な価格設定とした
  • 発表会での模様。カラフルなカラーが特長
  • OSにAndroidベースの独自OS「Smartisan OS 1.5」を搭載する
 中国の携帯電話メーカーSmartisan Technologyは25日(現地時間)、5.5インチ液晶搭載の新型スマートフォン「JianGuo」を発売した。価格は889元(約16,600円)から。

 「JianGuo」はOSにAndroidベースの独自OS「Smartisan OS 1.5」を搭載。ディスプレイは5.5インチ、解像度フルHD(1,920×1,080ピクセル)、プロセッサはオクタコアのSnapdragon 615(最大1.5GHz)、メモリ2GBというミドルスペックのスマートフォン。ストレージ16GB/32GBがラインナップされ、16GBモデルが889元、32GBモデルが999元(約18,700円)。カメラは有効画素数1278万画素/491万画素。ネットワークはLTEに対応し、デュアルSIMも装備する。

 背面にはスタンダードなストライプ模様を採用。しなやかな手触りで持ちやすいようにデザインされている。また、背面カバーはレッド/オレンジ/イエロー/グリーン/シアンブルー/ブルー/パープルの7色を用意。背面カバーを取り付けるとスマホ側で自動識別を行い、ホーム画面のテーマが背面カバーの色に合わせたものに切り替わる。

 同社では、「JianGuo」を日本で発売する予定も明らかにした。日本法人を9月に設立し、NTTドコモなどのキャリアやMVNOを通じてSIMフリーモデルとしての販売も検討している。また、未発表のハイエンドモデル「T2」も日本で販売する意向も明かした。発売時期は「JianGuo」が今秋、「T2」が今年中としている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top