【特集・Netflix】第6回 ひと足早く体験レビュー!4Kテレビ&スマホ&PCで視聴してみた | RBB TODAY

【特集・Netflix】第6回 ひと足早く体験レビュー!4Kテレビ&スマホ&PCで視聴してみた

ブロードバンド その他

パナソニックのNetflix対応4Kテレビ“VIERA”「TH-55CX800N」を借りて視聴した
  • パナソニックのNetflix対応4Kテレビ“VIERA”「TH-55CX800N」を借りて視聴した
  • 9月2日にいよいよ国内でもサービスが始まる「Netflix」のトライアルサービスを体験してみた
  • ユーザーが好みそうなコンテンツを膨大なアーカイブの中から自動で探してレコメンドしてくれる機能はNetflixが独自に開発したアルゴリズムを採用している
  • ユーザーが視聴した作品に関連する作品をプッシュするアルゴリズムも内蔵
  • 4Kの作品も一覧からすぐに見つけられた
  • 作品を選択すると左側に詳細や再生メニューを表示。4K映像、5.1ch音声の作品はアイコンで見分けられるようになっている
  • Netflixオリジナルの「デアデビル」。エピソードは途中からでも視聴が可能
  • 字幕や音声の変更は視聴中でも可能
 米の大手動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のサービスがついに来週9月2日から日本で開始される。今回は関係者向けの先行体験サービスを一足早く利用できる機会を得たので、対応している4Kテレビ、スマホ、PCそれぞれで視聴してみた。

■料金プランは3種、月額650円から

 Netflixは月定額固定料金で楽しめるオンライン動画ストリーミングサービスだ。今回の視聴に使ったパナソニックの「VIERA」シリーズをはじめ、大手テレビメーカーが発売する“Netflix対応”のテレビやPC、スマートフォン・タブレットなどモバイル機器で見ることができる。

 対応する機器をインターネットにつないで、Netflixの視聴申込みをオンライン経由で行うことで、約5万作品の映画・ドラマを中心とした作品アーカイブが“見放題”になるというものだ。なおPCの場合はWebブラウザからNetflixのページへ移動してブラウザアプリケーション上で視聴する。モバイルはiOS/Android用アプリが用意されている。

 月額料金の内訳については、24日にソフトバンクが開催した記者発表会でも明らかになった通りだ。いずれも税別の価格となるが、標準画質で同時に1台の端末のみが視聴できる「ベーシックプラン」が650円/月。HD高画質で2つのストリーミングまで同時に利用できる「スタンダードプラン」が950円/月。そして最高画質であるUHD/4Kの高精細な映像が楽しめて、4つのストリーミングまで同時に見られる「プレミアムプラン」が1,450円/月だ。スマートフォンでは4K画質の映像が楽しめないので注意したい。

■4K対応のコンテンツが揃うのが特徴

 Netflixのサービスがほかの動画配信と違う点のひとつは、オリジナル製作のドラマを中心に、4Kの高精細な映像作品が揃っているところにある。せっかく4Kテレビを買ったのに、4K映像の実力を身近に感じられるコンテンツが少なくて不満だったという方にはNetflixをおすすめしたい。今後もNetflixでは、オリジナル作品も含めて積極的に4Kコンテンツを増やしていく方針を示しているので、しばらくは見られる4Kコンテンツにも事欠かなさそうだ。

 今回はパナソニックからNetflix対応の4K液晶テレビ“VIERA”「TH-55CX800N」を借りて、Netflixのコンテンツを視聴してみた。国内で発売されるNetflix対応テレビは付属のリモコンにNetflixに接続するための専用ボタンが配置されているのが特徴だ。

 パナソニック「TH-55CX800N」の場合、リモコンの「ホーム」ボタンを押して、画面に表示される「アプリ一覧」からNetflixを選んで起動する方法もあるが、専用ボタンを押せばその数ステップを省略してストレートにNetflixが起動できるので便利さを実感する。

 リモコンによる操作のレスポンスも上々だ。その後、初回起動時に入力するログインIDとパスワードも、一旦ログアウトしてしまわない限り、テレビの電源を入れてNetflixにつなぐたびに入力する必要はない。

 Netflixのトップメニューにはオリジナル製作のタイトルから旬のイチオシ作品までカバーアートが勢揃いしている。カバーアートはひとつずつのサイズが大きく使われていて、選択した作品の詳細がメインビジュアルとともにトップの位置にテキストで紹介される。4K高画質の作品や音声が5.1chサラウンドで収録されている作品は、ここに「ULTRA HD 4K」「5.1」といったアイコンも並ぶ。

 アーカイブのコンテンツを探しながら、気になる作品は「マイリストに追加」しておけば、トップメニューに並ぶ「マイリスト」の一覧からすぐにアクセスができて便利だ。「ユーザーが視聴中のコンテンツ」には、タイトルが示す通り、現在視聴している作品の一覧が並ぶ。モバイルアプリの場合、視聴を進めてきただいたいの位置がカバーアートの上に表示される。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top