【SPEED TEST】Wi-Fiスポット分析……キャリアWi-Fiの実力と傾向 | RBB TODAY

【SPEED TEST】Wi-Fiスポット分析……キャリアWi-Fiの実力と傾向

ブロードバンド 回線・サービス

各キャリアWi-Fiの測定数および平均速度
  • 各キャリアWi-Fiの測定数および平均速度
  • docomo Wi-Fiの結果詳細
  • au Wi-Fi SPOTの結果詳細
  • ソフトバンクWi-Fiスポットの結果詳細
  • docomo Wi-Fiの時間別結果
  • au Wi-Fi SPOTの時間別詳細
  • ソフトバンクWi-Fiスポットの時間別詳細
  • 主要10都道府県の結果
 スマートフォン向けの通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」の測定データにおいて、Wi-Fiスポットでの測定数が増加している。今回はその中でも大きな割合を占めるキャリアWi-Fiについて見ていきたい。

 対象データは2015年1月1日~6月30日の期間に測定されたキャリアWi-Fiのデータ。NTTドコモ「docomo Wi-Fi」(SSID:0000docomo/0001docomo)、KDDI「au Wi-Fi SPOT」(SSID:au_Wi-Fi/au_Wi-Fi2)、ソフトバンク「ソフトバンクWi-Fiスポット」(SSID:0001softbank/0002softbank)のデータを抽出した。なお、KDDIではWi2系やUQ_Wi-Fi、ソフトバンクではmobilepointといったSSIDも利用可能だが、今回は対象外とした。

■測定数最多はソフトバンクWi-Fi、平均値最速はau Wi-Fi

 まず、この3つの中でもっとも測定数が多かったのは「ソフトバンクWi-Fiスポット」。合計24,790件の測定があり、平均速度は下り16.15Mbps、上り7.61Mbps。SSID別では「0001softbank」が10,874件(下り14.01、上り7.40Mbps)、「0002softbank」が13,916件(下り17.82、上り7.78Mbps)で、5GHz帯を利用する0002softbankが下り速度で3Mbps以上速い結果となった。

 「docomo Wi-Fi」は、全体で20,697件の測定があり、下り10.42Mbps、上り18.15Mbpsと、上りの速さが目立つ結果に。SSID別では「0000docomo」が8,308件(下り8.90、上り15.00Mbps)、「0001docomo」が12,389件(下り11.43、上り20.26Mbps)。SIM認証に対応し、パスワード入力が不要な0001docomoの測定数が多くなっているが、0000docomoの利用者もまだまだ残っていることが分かる。

 「au Wi-Fi SPOT」に関しては全体で19,564件の測定があり、下り17.14Mbps、上り20.61Mbpsと上下ともに3キャリア中で最速となった。SSID別では「au_Wi-Fi」が1,229件(下り11.66、上り12.34Mbps)、「au_Wi-Fi2」が18,335件(下り17.51、上り21.16Mbps)で、測定数、速度ともにau_Wi-Fi2が引っ張っている状況が見える。

■利用のピークは12時~15時頃

 次に、それぞれのサービスを時間帯ごとに見てみた。Wi-Fiスポットは基本的に外出先で利用するため、3キャリアともお昼12時~15時頃が測定のピークとなっている。こうしたピーク時間帯にかけて、通信速度が低下する傾向はある程度見られたものの、使い物にならないほど落ち込むということはなかった。特に「au Wi-Fi SPOT」と「ソフトバンクWi-Fiスポット」に関しては、利用のピーク時にも下り速度は概ね15Mbps以上をキープしており、安定感を見せた。

 「docomo Wi-Fi」に関しては他の2サービスと比較してやや苦しい結果となり、もっとも遅かった17時台でも6.33Mbps。その一方で上り速度は概ね15Mbps以上と安定しており、全時間帯で上り速度が下り速度を上回っていたのも特徴的だった。

■都道府県別にみると東京・神奈川が速い

 最後に、主要10都道府県での下り速度の結果を比較してみる。「ソフトバンクWi-Fiスポット」は各県ごとに大きな差はなく、高水準で安定していた。もっとも遅かったのは北海道の14.58Mbpsで、最速は東京の17.84Mbps。両者を比べても約3Mbpsの開きしかない。「au Wi-Fi SPOT」は東京(21.91Mbps)・神奈川(23.18Mbps)の2つが突出して速く、それ以外の県は10Mbps~13Mbpsにおさまった。「docomo Wi-Fi」については東京が12.43Mbpsで最速となったがその他多くの地域で10Mbpsを下回った。特に西日本が厳しく、兵庫と広島で6Mbps台を記録している。なお、測定数について、1位が東京で2位が神奈川というのは3キャリア共通。ドコモは3位が大阪で4位が愛知だが、auとソフトバンクは3位が愛知で大阪が4位だった。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top