ソニーモバイル、前面カメラ1300万画素&狭額縁デザイン採用の6型「Xperia C5 Ultra」 | RBB TODAY

ソニーモバイル、前面カメラ1300万画素&狭額縁デザイン採用の6型「Xperia C5 Ultra」

 ソニーモバイルは3日、「Xperia」シリーズの新モデルで6インチの「Xperia C5 Ultra」を発表した。狭額縁デザインを採用し、前面に1300万画素カメラを搭載する。

IT・デジタル スマートフォン
前面カメラ1300万画素&狭額縁デザイン採用の6型「Xperia C5 Ultra」
  • 前面カメラ1300万画素&狭額縁デザイン採用の6型「Xperia C5 Ultra」
  • Black、White、Mintの3色を用意
  • 前面カメラも1300万画素にオートフォーカス付き
 ソニーモバイルは3日、「Xperia」シリーズの新モデルで6インチの「Xperia C5 Ultra」を発表した。狭額縁デザインを採用し、前面に1300万画素カメラを搭載する。発売は8月中旬で、グローバル市場で販売される。

 6.0インチと大画面ながら、左右のベゼル幅を狭めた狭額縁デザインを採用し、幅79.6mmとスリムな外観をもつ。また、カメラも強化しており、前面と背面ともに1300万画素「Exmor RS for Mobile」センサーを採用。前面カメラもオートフォーカスに対応し、自撮り用のLEDフラッシュを搭載した。

 仕様は、ディスプレイが6.0インチ、1,920×1,080ピクセルのIPS液晶、OSがAndroid 5.0、プロセッサが64bit対応オクタコアのMTK6752(1.7GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB。

 ネットワークはLTE/3G/GSMに対応。デュアルSIMモデルも用意される。IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.1をサポートし、GPS、GLONASSを装備する。バッテリは2,930mAhで、本体サイズは高さ164.2mm×幅79.6mm×奥行8.2mm、重量は187g。Black、White、Mintの3色が用意される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top