スティックPCで簡易受付システムなどをデモ……I-Oソリューションフェア2015 SUMMER | RBB TODAY

スティックPCで簡易受付システムなどをデモ……I-Oソリューションフェア2015 SUMMER

IT・デジタル その他

スカイ社の授業支援ソフトウェア「スカイメニュープロ」を使ったデモ
  • スカイ社の授業支援ソフトウェア「スカイメニュープロ」を使ったデモ
  • USB差込口が搭載されているため、液晶ディスプレイからPCスティックへ電源供給ができる。電源フラグの1本化で、配線もすっきり
  • タッチパネル型液晶ディスプレイとスティックPCを用いた簡易受付システム。案内に従ってタッチすると、内線番号が表示
  • アロバビューの監視システムとアイ・オー社製NASを接続したデモ
  • USB 3.0接続マルチドッキング活用例。外出先で利用しているWindowsタブレットを帰社後にUSBケーブル1本でディスプレイ、キーボード、有線LANなどにまとめて接続できる。映像出力も滑らか
  • WQHD対応のフルHDディスプレイなら画像をスクロールせずに100%表示し、画像編集が効率的に行うことができる
 アイ・オー・データ機器は25日、同社の東京オフィスにて、「I-Oソリューションフェア2015 SUMMER」を開催した。

 会場ではディスプレイとスティックPCを用いた簡易受付システムや簡易監視システムなど、省スペース、低コストのオフィス活用デモストレーションが目立っていた。

 スカイ社の授業支援ソフトウェア「スカイメニュープロ」を使ったデモストレーションを実施。手元のタブレットから、無線LANで接続されている複数端末のデスクトップが確認し、選択した端末の画面をスティックPCの接続された大型ディスプレイに送って表示させることができるというものだ。

 また、アロバビューの監視システムとアイ・オー社製NASを接続したデモストレーションも実施。同社のNASを使うことで、安価に監視カメラシステムを導入が可能で、NASにはカメラ4台分の映像を2週間~1か月分保存できるとのこと。

 なお、同社がPCそのものを取り扱うのは、今回のインテル製スティックPCが初めて。「省スペース、低コストのPCスティックは弊社の得意とする『周辺機器』のひとつとして捉えている」(広報担当の納富志津氏)という。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top