イードが島根県松江市に開発拠点を新設 | RBB TODAY

イードが島根県松江市に開発拠点を新設

 RBB TODAY、レスポンスなどのウェブメディアを運営するイードが、島根県松江市での開発拠点「松江ブランチ」開設に向け、島根県の企業立地促進条例に基づく立地計画認定書の交付を受けた。

エンタープライズ その他
島根県庁で行われた調印式の様子。左から溝口善兵衛島根県知事、イードの宮川洋代表取締役、松浦正敬松江市長
  • 島根県庁で行われた調印式の様子。左から溝口善兵衛島根県知事、イードの宮川洋代表取締役、松浦正敬松江市長
 RBB TODAY、レスポンスなどのウェブメディアを運営するイードが、島根県松江市での開発拠点「松江ブランチ」開設に向け、島根県の企業立地促進条例に基づく立地計画認定書の交付を受けた。

 松江ブランチはイードのウェブサイトの中核システムの開発拠点として新設するもの。サイトの運用や改修、機能追加などを行う予定だ。島根県では2014年4月に企業立地促進の助成金制度を施行しており、製造業やソフト産業、ソフト系IT産業で立地計画認定を受けた企業に対し、7億円から12億円を上限とした助成金が交付される。今回の拠点はこれを利用しての新設となる。

 松江ブランチは11日に立地計画認定書の交付を受け、イード、島根県、松江市の三者で覚書を締結。8月初旬に松江ブランチを開設し、スタート時は3名、2018年までに9名程度まで体制強化を行っていく見通し。

島根県の企業立地促進条例利用でイードが開発拠点を松江市に新設

《こばやしあきら/H14》

関連ニュース

特集

page top