NTTと九経連ら、「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト」開始 | RBB TODAY

NTTと九経連ら、「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト」開始

ブロードバンド 回線・サービス

「Kyushu Free Wi-Fi」ロゴ
  • 「Kyushu Free Wi-Fi」ロゴ
  • 「Japan Travel Guide」アプリ画面
 九州経済連合会(九経連)と九州観光推進機構、日本電信電話(NTT)、NTTアド、NTTブロードバンドプラットフォームは5日、「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト」を発表した。同日より、フリーWi-Fiおよび観光アプリの提供を開始している。

 「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト」は、Wi-Fi環境の整備促進、アプリによる観光情報配信、ビッグデータ活用を連携して行うものだ。Wi-Fi環境の整備促進においては、ガイドラインを定め、Wi-Fi接続事業者間の連携強化を図る。またNTTBPの「Japan Connected-free Wi-Fi」にも参画。九州各地のWi-Fiサービスに加え、Japan Wi-Fiにも簡便に接続可能な環境を整備する。また各地の無料Wi-Fiスポットの加盟も促進。「Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト概要」及びエリアオーナー向け「Wi-Fi連携相談・申込受付」を、九州観光推進機構運営のホームページ「九州旅ネット」に掲載する。

 さらに、NTTグループとJTBグループによる観光情報アプリの情報をもとに、九州観光アプリ「Japan Travel Guide」を開発し、九州7県の観光コンテンツを順次追加する。クーポン配信なども活用し、九州を訪れる訪日外国人を中心とした観光客向けに、各種キャンペーンを実施する。

 今後は、九経連が事務局となり、Kyushu_Free_Wi-Fiプロジェクト参加メンバーを中心に、「九州FreeWi-Fiビジネス協議会(仮称)」を発足し、ビッグデータ活用のワーキンググループ活動も実施する計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top