マウスコンピューター、Windows OSスマホ「MADOSMA」販売開始 | RBB TODAY

マウスコンピューター、Windows OSスマホ「MADOSMA」販売開始

 マウスコンピューターは2日、独自のスマホブランド「MADOSMA」(マドスマ)の製品第一弾として、Windows Phone 8.1 Update搭載スマートフォン「MADOSMA Q501」の販売を開始した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「MADOSMA」外観
  • 「MADOSMA」外観
  • 「MADOSMA」外観
  • 「MADOSMA」スぺック
 マウスコンピューターは2日、独自のスマホブランド「MADOSMA」(マドスマ)の製品第一弾として、Windows Phone 8.1 Update搭載スマートフォン「MADOSMA Q501」の販売を開始した。

 各量販店での予約販売のほか、同日午前10時よりマウスコンピューターの楽天市場店、電話通販、同日午前11時よりマウスコンピューターダイレクトショップにて販売を開始する。製品の出荷は、6月18日より。

 「MADOSMA Q501」は、日本国内用のSIMフリー対応端末。Windows OSを採用することで、パソコンとのスムーズな同期を実現した。標準の電話帳「People Hub」は、FacebookやTwitterアカウントとも連携されており、各種連絡先をそのまま流用可能だ。カスタマイズ可能ななUI「ライブタイル」により、SNSやニュースなどをホーム画面でリアルタイム確認することも可能だ。

 1.2GHz駆動の64bitクアッドコアCPUを採用。Band 1(2100MHz)/ Band 3(1800MHz)/ Band 19(800MHz)の3バンドのLTEに対応する。本体前面はブラック、背面はパールホワイトを採用。法人専用モデルではブラックカラーもラインアップする。価格はオープン。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top