テーブルにスマホを置くと認識、「ペーパービーコン」を帝人らが開発 | RBB TODAY

テーブルにスマホを置くと認識、「ペーパービーコン」を帝人らが開発

 帝人は25日、スマートフォンやタブレットを置くことでネットワークへの接続を認証するシート型ビーコン「PaperBeacon(ペーパービーコン)」を、セルクロス、タグキャストと共同開発したことを発表した。6月1日より販売を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
「ペーパービーコン」利用イメージ
  • 「ペーパービーコン」利用イメージ
  • 「ペーパービーコン」利用イメージ
  • 「ペーパービーコン」の仕組み
 帝人は25日、スマートフォンやタブレットを置くことでネットワークへの接続を認証するシート型ビーコン「PaperBeacon(ペーパービーコン)」を、セルクロス、タグキャストと共同開発したことを発表した。6月1日より販売を開始する。

 ビーコンは、省電力型の近距離通信(Bluetooth LE)を使用して、端末の識別や位置情報の発信が可能な技術。今回、帝人とセルクロスが開発した二次元通信シート「セルフォーム」 とタグキャストのビーコン技術「TAGCAST」を組み合わせることで、NFCのように利用できる表面認証ビーコン「PaperBeacon」を世界で初めて開発した。

 「PaperBeacon」では、従来のビーコンでは困難であった、大人数が集まるスペースでのテーブルやイス単位の限られた場所の特定が可能となる。たとえば、テーブルごとに閲覧可能な資料を配付する、飲食店の各テーブルごとにスマホから注文・決済する、学校や塾で出席確認を行う、といった使い方が想定される。

 設計および製造を帝人とセルクロス、販売・運用・保守をタグキャストが行い、初年度の出荷枚数は1万枚の予定。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top