VAIO、クリエイター向けハイスペックWindowsタブレット「VAIO Z Canvas」の詳細発表 | RBB TODAY

VAIO、クリエイター向けハイスペックWindowsタブレット「VAIO Z Canvas」の詳細発表

 VAIOは21日、クリエイター向けのハイスペックWindowsタブレット「VAIO Z Canvas」の詳細仕様などを正式発表した。今日から予約を開始し、29日より出荷する。

IT・デジタル レコーダー
クリエイター向けハイスペックWindowsタブレット12.3型「VAIO Z Canvas」
  • クリエイター向けハイスペックWindowsタブレット12.3型「VAIO Z Canvas」
  • アスペクト比3:2で2,560×1,704ピクセルの高精細液晶を搭載
  • 「VAIO Z Canvas」背面
  • 背面スタンドが付いており、好みの角度で利用可能
  • 独自の高密度実装技術と放熱設計技術を融合させた「Z ENGINE」
 VAIOは21日、クリエイター向けのハイスペックWindowsタブレット「VAIO Z Canvas」の詳細仕様などを正式発表した。今日から予約を開始し、29日より出荷する。価格はオープンで、個人向け標準仕様モデルの予想実売価格は249,800円前後から。

 「VAIO Z Canvas」は、「VAIO Prototype Tablet PC」という呼称で、2014年10月から試作機を公開してきたハイスペックタブレット。プロレベルの創作を可能にするスペック、アプリを用意するクリエイター向けの端末となる。

 仕様の詳細は今回明らかにされたもので、ディスプレイが12.3インチ、アスペクト比3:2で2,560×1,704ピクセルの高精細液晶、OSはWindows 8.1 Pro、プロセッサはクアッドコア/8スレッドのCore i7-4770HQ(2.2GHz)。BTOに対応しており、メモリは8/16GB、ストレージはSSD 256GB~1TBまで選択できる。

 ボディ内部には、独自の高密度実装技術と放熱設計技術を融合させた「Z ENGINE」を採用し、13.6mmと薄型ボディでも排熱効果および静音効果を高めている。カメラは799万画素/92万画素。キーボード配列も日本語/英語から選択可能。誤動作防止のためにタッチパネルを無効にしてペンだけを使える機能ももっている。

 ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0に対応。インターフェースはUSB 3.0×2、SDカードスロット、Mini DisplayPort、HDMI出力を装備する。バッテリ駆動時間は7.6時間(JEITA2.0)。本体サイズは幅301mm×高さ213mm×奥行13.65mm、重量は約1.21kg。

 自然な描画が得意なドローイングアプリ「Autodesk SketchBook」がプリインストールされるほか、Adobe Creative Cloud、セルシス「CLIP STUDIO PAINT」、コーレル「Painter 2015」などを優待価格で購入できる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top