Apple Watch用OS初のアップデート……Siriのパフォーマンスアップなど | RBB TODAY

Apple Watch用OS初のアップデート……Siriのパフォーマンスアップなど

IT・デジタル モバイル

「Apple Watch」用OSが初のアップデート。更新はiPhoneから行う
  • 「Apple Watch」用OSが初のアップデート。更新はiPhoneから行う
 Appleは19日(現地時間)、Apple Watch用OS初となるアップデートの提供を開始した。バージョンアップ後のOSは「Watch OS 1.0.1」となる。パフォーマンスの向上とバグ修正が目的。

 アップデートの内容は、Siriやアクティビティ計測、ワークアウト、他社製アプリなどのパフォーマンス向上、新しい絵文字への対応、追加の7言語への対応、およびバグ修正となっている。追加される言語は、ポルトガル語(ブラジル)、デンマーク語、オランダ語、スウェーデン語、ロシア語、タイ語、トルコ語など。

 更新はiPhoneの「Apple Watch」アプリから行い、「マイウォッチ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で行う。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top