各企業で「クールビズ」が今年もスタート | RBB TODAY

各企業で「クールビズ」が今年もスタート

 環境省では「室温28度でも快適に過ごす」ことを目的に、2005年度から、節電・環境保護の取り組み「クールビズ(COOL BIZ)」を推進している。環境省によると、すでにクールビズの認知率は約9割になっているという。

ブロードバンド その他
「日本百貨店協会」によるクールビズ呼びかけポスター
  • 「日本百貨店協会」によるクールビズ呼びかけポスター
  • 環境省「クールビス」サイト
 環境省では「室温28度でも快適に過ごす」ことを目的に、2005年度から、節電・環境保護の取り組み「クールビズ(COOL BIZ)」を推進している。環境省によると、すでにクールビズの認知率は約9割になっているという。

 基本的な「クールビズ」期間は、従来6月から9月までだが、近年は、前後1か月ずつ拡大したものとなっている。2015年は、5月1日から10月31日の期間が対象。1日および連休明けの本日7日より、各企業では、「クールビズ」がスタートした。

 日本百貨店協会では、全会員店(82社226店舗)において5月1日から、安全衛生や商品特性に配慮しつつ、冷房温度緩和、照明の一部消灯などの取組を実施。日本チェーンストア協会、日本フランチャイズチェーン協会などでも、会員企業において店舗内の空調設定温度の見直し、ユニフォームの軽装化などを実施する予定だ。

 気象庁が定期的に発表している「エルニーニョ監視速報」最新版(No.271-2015年4月10日発表)によると、2015年は「夏までに再びエルニーニョ現象が発生する可能性が高い」とされている。エルニーニョ現象が発生すると、日本は「冷夏暖冬」になる傾向があるため、多少は過ごしやすい夏になるかもしれない。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top