「ロボットアシストウォーカー RT.1」、坂道デモを実施へ | RBB TODAY

「ロボットアシストウォーカー RT.1」、坂道デモを実施へ

エンタープライズ その他

買い物用ショッピングカートと似た形をした「ロボットアシストウォーカー RT.1」。現在はNTTドコモと共同で実証実験を行っており、シェアの形での利用を見込んでいるとのこと(画像はプレスリリースより)
  • 買い物用ショッピングカートと似た形をした「ロボットアシストウォーカー RT.1」。現在はNTTドコモと共同で実証実験を行っており、シェアの形での利用を見込んでいるとのこと(画像はプレスリリースより)
  • 折りたたみ式で収納時にはコンパクトにすることが可能。本製品は「歩行に不安があった高齢者の方々が1人でも気軽に外出してもらえるように」というコンセプトを掲げている(画像はプレスリリースより)
 RT.ワークスは16~18日にインテックス大阪(大阪)で開催される展示会「バリアフリー2015」にて、自社開発の電動歩行アシストカート「ロボットアシストウォーカー RT.1」を展示。歩行サポート機能を実感できる、坂道の上り下り体験コーナーを設置することを14日に発表した。

 RT.ワークスは船井電機の高齢者向け歩行アシスト機器部門が、2014年に独立し設立された会社。高齢者がよく使う、買い物用ショッピングカートを電動化したのが「ロボットアシストウォーカー RT.1」だ。

 ショッピングカートを電動化することで、高齢者の歩行と買い物などをサポート。本体にはNTTドコモの回線を使った通信機能を備え、GPSで現在地を把握できる機能も有している。

 なお、「バリアフリー2015」では、「ロボットアシストウォーカー RT.1」を使って実際に坂道を上り下りできる体験コーナーのほかに、各日30名限定の「未来の歩き方 ~RTアシストウォーカー~」と題したセミナーも開催するとのこと。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top