「サイバー攻撃自動防御ソリューション」を発売……NECとパロアルトネットワークスが連携 | RBB TODAY

「サイバー攻撃自動防御ソリューション」を発売……NECとパロアルトネットワークスが連携

エンタープライズ セキュリティ

防御動作は自動化されており、初動対応が迅速となっているため、被害拡大リスクを大幅に低減できる点が特徴だ(画像はプレスリリースより)
  • 防御動作は自動化されており、初動対応が迅速となっているため、被害拡大リスクを大幅に低減できる点が特徴だ(画像はプレスリリースより)
 NECはパロアルトネットワークスとの連携により、不正端末の通信を自動で検知し、サイバー攻撃を抑止する「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」の販売を30日より開始した。

 NECのSDN(Software-Defined Networking/ネットワークをソフトウェアで制御する概念)対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」のネットワーク制御機能と、エンタープライズセキュリティプラットフォームの一部であるパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール製品による未知・既知の脅威抑止機能を連携したものとなっている。

 外部からのサイバー攻撃やイントラネットの不正アクセスをすばやく検疫して、企業ネットワーク全体への被害拡大を防止し、システム全体のセキュリティを飛躍的に高めることができるという。未知のウイルス感染も把握する検知精度で、疑わしい端末も対処可能。また、通信経路の遮断や隔離などの初動対応を自動化することで、被害拡大リスクを低減する特徴を持つ。

 最小製品構成は、SDNコントローラ×1台、SDNスイッチ×2台、次世代ファイヤーウォール×1台、SDN連携アダプタ×1台で構成され、価格は1,100万円からとなっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top