新生活をきっかけに節約する……銀行の上手な使い方 | RBB TODAY

新生活をきっかけに節約する……銀行の上手な使い方

エンタープライズ その他

ATM手数料
  • ATM手数料
  • 「おまかせ入金サービス」イメージ
  • 「おまかせ入金サービス」+「積み立て定期預金」で先取り貯蓄
  • 「ほしいもの貯金箱」
 新生活が始まる季節。引っ越しや生活用品の調達など、出費にため息をついている人も多いだろう。就職して給料をもらうようになり、銀行口座を開設する新社会人も読者の間にいるかもしれない。

 銀行を利用するにあたって、節約や貯蓄の方法をいくつかあげていこう。ソニー銀行は新生活をきっかけに「貯金」や「節約」を始めたい人のための銀行活用術を提案している。

 まず銀行や金融機関にある自分の口座に給料が振り込まれると、それを引き出して使うことになる。ATMから引き出すと便利だが、引き出し手数料も馬鹿にならない。手数料の額は、口座を持っている銀行のATMから平日昼間に引き出す場合は無料で、いっぽう夜間や土曜休日に引き出す場合や、日時にかかわらず他行のATMから引き出す場合は有料となる例が多い。勤務時間帯にATMに行けなかったり、生活圏内に他行のATMしかないと、引き出すたびに手数料がかかり、1回108円として、週1回、1年間で5000円以上だ。手数料が無料となればこのぶん節約もできるというわけだ。ソニー銀行に口座を持てば、提携する銀行のATMでも手数料無料で使える(一部に無料の回数制限あり)。

 給与振込口座が、自分が普段使う口座と異なると、送金が必要だ。送金をするとなれば、また手数料がかかってくるケースもある。ソニー銀行には「おまかせ入金サービス」があり、ソニー銀行の口座に毎月一定額を自動的に、手数料は無料で入金できる。ソニー銀行から他の金融機関へ振り込む際の手数料は216円で、毎月1回分はキャッシュバックされる。「おまかせ入金サービス」を使って、給与振込口座からソニー銀行の口座へ入金し、毎月の家賃を振り込むと、手数料は無料だ。

 さて、長い人生、貯蓄も大切だろう。月末に余った分を貯蓄する、ボーナスだけ貯蓄するなど、貯蓄の方法はいろいろ。使ってしまう前に貯蓄する「先取り貯蓄」は貯蓄を増やしやすい。ソニー銀行のサービスサイト「MONEYKit」には「ほしいもの貯金箱」というツールがあり、「目的別貯金箱」を5つまで作成できる。「モモ」などPostPetのキャラクターが応援メッセージを送ってくれる。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top