変形自在・メンテ不要なビーコン、富士通が開発 | RBB TODAY

変形自在・メンテ不要なビーコン、富士通が開発

エンタープライズ ハードウェア

新開発された薄型ビーコン
  • 新開発された薄型ビーコン
  • 電源制御の動作の仕組み
 富士通研究所は25日、電池交換などのメンテナンスが不要で、球状・角・湾曲部にも設置可能な薄型軽量ビーコンを開発したことを発表した。厚さ2.5mm、重さ3gで、電源部品が不要なため、薄く曲げることが可能だという。

 新開発のビーコンでは、太陽電池による電力量でビーコンを起動できる、低電力での電源制御技術を開発。従来の電源ICなどの電源部品を搭載せず、小さく薄い部品の組み合わせだけで動作を可能とした。これにより、部品占有面積を従来の約6分の1に低減したという。

 このビーコンを伸縮可能な薄膜シリコーンシートへ実装したことで、本体を曲げて設置することも可能となっている。取り付け自由度が高いため、設置運用作業の手間が軽減される見込みだ。また伸びに対しても耐性を持つため、曲面への設置だけではなく、服や人の腕など形が変形する対象への装着も可能とのこと。

 今後は、開発したビーコンの安定動作や連続稼働などの検証を行い、2016年度中の実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top