鹿児島で桜が開花……気象台発表 | RBB TODAY

鹿児島で桜が開花……気象台発表

ブロードバンド テクノロジー

桜(イメージ)
  • 桜(イメージ)
 気象庁鹿児島地方気象台は3月21日、桜(ソメイヨシノ)が同日に開花したと発表した。平年(3月26日)より5日早く、昨2014年(3月20日)より1日遅い。

 沖縄県石垣島では1月6日、鹿児島県名瀬では1月20日にひかんざくらの開花が観測されている。石垣島、那覇、南大東島(以上沖縄県)で平年より早く、宮古島(沖縄県)、名瀬では平年より遅い。

 気象庁によると平年の桜の開花は、ひかんざくらが沖縄地方・奄美地方で1月中旬に開花する。そめいよしのの開花は3月下旬に九州地方、中国地方、四国地方、近畿地方、東海地方南部、関東地方南部を結ぶ地域で始まり、4月10日に北陸地方、関東地方北部、東北地方南部を結ぶ地域に達する。以後、東北地方北部を北上し、5月中旬に北海道地方北部・東部で開花する。

 気象庁の定義で「開花」は、標本木で花が5~6輪開いた状態のことを言う。満開となるのは、およそ1週間から10日後の見込みだ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top