【MWC 2015 Vol.24】サムスン、モバイル決済システム「Samsung Pay」をGALAXY S6シリーズに導入 | RBB TODAY

【MWC 2015 Vol.24】サムスン、モバイル決済システム「Samsung Pay」をGALAXY S6シリーズに導入

ブロードバンド 回線・サービス

独自のモバイル決済システム「Samsung Pay」を発表
  • 独自のモバイル決済システム「Samsung Pay」を発表
  • パートナー企業を拡大していく
  • 当初は米国、韓国からスタートする
  • KNOXプラットフォームによるセキュアな使用環境を実現
 サムスンが最新スマホ「GALAXY S6」に搭載される新しいモバイル決済システム「Samsung Pay」を発表した。今夏から北米、韓国で使えるようになり、以後ヨーロッパと中国に拡大を予定している。

 その特長はNFCや磁気ストライプカードの決済端末にも対応する「MST(Magnetic Secure Transmission)」もサポートしたことによる互換性の高さにあるという。

 MWCの会場ではMasterCardとVISAの決済ネットワークとのパートナーシップ提携を発表。今後はさらにアメリカンエクスプレス、シティバンク銀行、J.P.モルガン、USバンクにも提携網を拡大していく。サムスンとしては今後世界約3,000万箇所の商業地域での利用が可能になるだろうとコメント。サムスンが推進するセキュリティソリューションである「KNOXプラットフォーム」により、セキュリティの面でも高信頼性を確保したことを強調している。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top