【インタビュー】ホイコーローの美少女! 杉咲花…17歳の素顔 | RBB TODAY

【インタビュー】ホイコーローの美少女! 杉咲花…17歳の素顔

エンタメ その他

“2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
  • “2015年の顔”に選ばれた新星・杉咲花/Photo:Naoki Kurozu
撮影現場での「一発勝負を楽しんでます」と楽しそうに笑ったかと思えば、TVドラマが好きで自らオーディションを受けて女優を志したにもかかわらず「昔からみんなの前に立つのとかダメなんです(苦笑)。授業中に作文を読むのも緊張しちゃうし…」とため息をつく。可能性に満ちた17歳はアンバランスに揺れ動くーー。

「Cook Do」(味の素)のCMで豪快に回鍋肉をほおばる女の子、「au」のCMで踊りながらはつらつとした笑顔を見せる少女と言えば、名を知らずとも顔が思い浮かぶ人も多いのでは? 彼女の名は杉咲花。CMに加え、この2年ほどで「夜行観覧車」、「なぞの転校生」「MOZU」など次々と話題のドラマに出演し鮮烈な印象を残し、昨年末には情報誌「日経トレンディ」で“2015年の顔”にも選出された。いま、最も注目を浴びる17歳である。

そんな彼女が出演する映画『繕い裁つ人』が公開された。昨秋公開された『イン・ザ・ヒーロー』とほぼ並行して行われた本作の撮影を通じて、17歳の少女は映画の楽しさに目覚め、完成した作品を見て「嬉しくて震えた」という。

池辺葵の人気漫画を原作に『しあわせのパン』、『ぶどうのなみだ』など多くの女性の支持を集める三島有紀子監督がメガホンを握った本作。長年、街の人々に愛されてきた頑固な仕立て屋と店に集う人々のドラマを描いており、彼女は、中谷美紀演じる主人公・市江の元に、母がかつて着ていたワンピースを自分用に仕立て直してほしいと持ち込む高校生・ゆきを演じている。

「三島さんの『しあわせのパン』が好きだったので、出演が決まった時は嬉しかったです。どんな映像で、どんな作品になるのか? と楽しみでした」と振り返るが、撮影現場にはその期待を上回る、想像以上の刺激と緊張、そして喜びが彼女を待っていた。

「監督の下で、みんなで映画を作っているという感覚がすごく大きくて、それが何より嬉しかったし、それに応えたいって思いました。そうした思いが映画ににじみ出ている気がします。スタッフ、キャストのみなさんが監督のことが大好きで愛情を持ってるのが伝わってきて、それは私の中にもすごく強くありました」。

特に彼女にとって忘れられないシーンとなったのが、大人たちが市江の手による晴れ着で着飾って一堂に会する“夜会”のシーン。夜の闇に温かい光が溶け込み、めくるめく幻想的な世界が浮かび上がるが、じっくりと時間をかけた撮影の中で、彼女は映画の魔力に胸を撃ち抜かれた。

「タイトなスケジュールの中、すごく時間がかけて撮影したんですが、スタッフさんは特に朝早くから晩までずっとで…(苦笑)。あの広い空間をカメラ1台でアングルにも注意しながら撮っていくんですけど、本当に大事に、大事に――『撮る』ってそういうことなんだ! すごくいいなぁって思いました。納得するまで撮るから良いものができるんだということを実感しました。ドラマが好きでいまの事務所に入って、もちろんいまでもドラマは大好きですが、今回、新しい世界を知って『映画っていいなぁ…もっと出たい』と思ったし、自分でも映画をどんどん見るようになりました」。

ゆきについて「自分の意見を強く言うことができない。気が弱いし自信がないけど、優しい心を持ってて、他人のことも考えてる女の子」、「市江さんのところにワンピースをに持っていくこと自体、彼女にとっては勇気のいること。そこで踏み出したら、市江さんが応えてくれて素敵なものが出来て、それが自信になったんだろうと思う」とその性格や物語を通じての成長を語ってくれたが、これらは全て彼女自身が脚本を読み込んだ上で考えた解釈。役柄や演技について「三島さんと話しあったことはほとんどなくて、『好きなように、思うようにやって』と言われてました」と明かす。

もちろん、頭の中の解釈だけで素晴らしい演技が可能になるわけではない。だが深く人物の心情や変化をくみ取るこの“読解力”が、同世代と比べても際立っている高い演技力、感情表現の一端を支えていることは間違いないだろう。

「毎回、役作りのやり方は違うので(自分なりの決まったアプローチ方法は)特にないです。まだ、この仕事を始めてから時間が経ってないので、いろんなことを試して、何が自分に向いているのか探り探りですね。(役に)入り込んじゃう時もあります。入り込んだら1か月くらい抜けられないこともあって(笑)。何がいいのかな? と思いながらやってます」。

冒頭に紹介した「一発勝負が好き!」という発言は、ゆきが持ち込んだワンピースに、市江がおもむろにハサミを入れるシーンの撮影について振り返る中で発せられた言葉。だから、正確にはこの時、一発勝負に挑んだのは彼女ではなく中谷美紀。現場の空気は緊張で張りつめていたというが、中谷さんの傍らで彼女は「絶対に何とかなる」と妙な確信を抱き、楽しんでいたという。

そんな彼女に“2015年の顔”に選ばれ、一気に世の中の注目を浴びて重圧や逃げ出したくなるような気持ちは? と尋ねると「プレッシャーはないです」と今度はキッパリと言い切った。

「決まった時は『どうしてだろう?』と思ったし、何が起きたのかとびっくりしましたけど、そうやって名前を挙げていただけるのは嬉しいです。“2015年の顔”に選ばれたから何かを変えたいという思いはなくて、むしろ変わりたくない。いまの自分を忘れたくないと思ってます。ただ、こうして取り上げていただくことで自分が出ている作品がいろんな人や遠くに届けられるのかと思うとすごく嬉しいです」。

受賞や周囲の声で自分を見失いたくないという強い思いの一方で、次々と新たな作品や役柄と出合うことで「女優としては常に変化し続けたい」とも。

「進化というか変わり続けたいし、そこで止まりたくないです。いままでに自分が出た作品を見返すことがよくあるんです。自分が出た作品はどれも大好きなので。でも満足することはなくて『あ、こんな顔してたのか』と思うこともよくあります。でも、それはその時の自分の100%を出したものだから、それでいいと思うのですが、そこから変わっていきたいと毎回、思いますし、その気持ちはずっと忘れたくないですね」。

と、こうした発言を見ると、強気で天真爛漫な少女そのものだが、緊張しやすいところはいまでも変わらないと苦笑する。「学芸会も苦手だった(笑)」という少女は大好きなTVドラマの中で見た志田未来に憧れ、彼女が所属する事務所の門を叩き、女優の道を歩み始め、ここまで来た。

「いまでも『怖いなぁ…』とは思います。本当に緊張してる時は楽しさなんて感じてないし! でも…やっぱり『絶対何とかなる!』って思ってるんですよね。楽天家? そうですね(笑)、おおざっぱというか…」。

そう笑う彼女の“顔”はこれからどんな感情を届けてくれるのか? 2015年などと言わず、日本映画界の顔となる日を楽しみに待ちたい。

【インタビュー】杉咲花 “2015年の顔”に選ばれた期待の17歳の素顔 どんな状況も「絶対何とかなる!」

《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

特集

page top