NTT Com、スマートフォン向け情報共有サービスの実証実験開始 | RBB TODAY

NTT Com、スマートフォン向け情報共有サービスの実証実験開始

エンタープライズ セキュリティ

WebSocketやWebRTCの活用により、スマートフォンに専用のアプリケーションのインストールが不要。ブラウザでアクセスするだけで利用できる(画像は同社リリースより)。
  • WebSocketやWebRTCの活用により、スマートフォンに専用のアプリケーションのインストールが不要。ブラウザでアクセスするだけで利用できる(画像は同社リリースより)。
  • 実証実験サイトでは大量の写真を素材とするモザイクアートを自動生成。他ユーザーの撮影写真を使って自分で撮影した写真が再現される(画像は同社リリースより)
 NTTコミュニケーションズは1月31日、スマートフォン向け情報共有サービスの実証実験を沖縄県の「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」で開始した。デジタルサイネージ上に写真をアップロードし、自動生成された「モザイクアート」をダウンロードできるサービスを通じて、ユーザーの反応や技術面での検証を行う。

 デジタルサイネージは災害時の有用性が見込まれているが、緊急時に無線環境では接続困難なことも予想される。新Web技術のWebSocketやWebRTCを用いることで、接続が困難な環境でも機器の接続ができることを実証実験していく。また、平常時における観光情報共有、災害時における被災情報共有、および観光客や被災者間の情報共有サービスの評価実験をモニターユーザーに対して行う。

 また、一般観光客向けの実験としては、デジタルサイネージへの写真のアップロードとダウンロードができるサービスを常設し、混雑環境時のリアルタイム情報共有サービスに関する評価実験を行う。当実験はNTTコミュニケーションズが総務省から受託して行っている、先進的ICT国際標準化推進事業「次世代ブラウザにおける通信環境透過技術」の一環として行われている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top