KDDI、VoLTEを活用した新サービス「シンクコール」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、VoLTEを活用した新サービス「シンクコール」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「シンクコール(シンク機能)」イメージ
  • 「シンクコール(シンク機能)」イメージ
  • AQUOS SERIE mini SHV31外観
 KDDIと沖縄セルラーは29日、「VoLTE」を活用した新しいコミュニケーションサービス「シンクコール(シンク機能)」の提供を開始した。

 「シンクコール(シンク機能)」は、「VoLTE」による音声通話中に、スマートフォンの画面を相手のスマートフォンに表示する「画面シンク」や、カメラで映している映像をリアルタイムに相手のスマートフォンに表示(中継)する「カメラシンク」、お互いの位置情報を地図上に表示する「位置シンク」、画面上で手書きの文字を共有できる「手書きシンク」などからなるサービス。通話中かつ、通話相手もauスマートフォン(au VoLTE対応)(1対1)の場合に利用できる。

 現在販売中の「isai VL LGV31」「URBANO V01」については、「シンクコール(シンク機能)」対応にともなう、ソフトウェア更新を同日より開始する。なお、同日より発売の「AQUOS SERIE mini」は、対応ソフトウェアがインストールされているため、購入と同時に利用が可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top