日立ソリューションズが指静脈認証とシングルサインオンを仮想環境で実現 | RBB TODAY

日立ソリューションズが指静脈認証とシングルサインオンを仮想環境で実現

エンタープライズ セキュリティ

仮想化環境の既存システムにおいて、パスワードの盗難などによるなりすましを防ぎ、より確実な本人確認が可能となる(画像は公式webサイトより)
  • 仮想化環境の既存システムにおいて、パスワードの盗難などによるなりすましを防ぎ、より確実な本人確認が可能となる(画像は公式webサイトより)
  • 日立ソリューションズが提供するソリューションの指静脈認証利用シーン例(画像は公式webサイトより)
 日立ソリューションズは21日、「VMware Horizon6 (with View)」上で動作する指静脈認証装置と、クライアントPC上で動作するシングルサインオンソフトウェアを組み合わせた「セキュア端末 認証強化ソリューション」の提供を開始した。

 Windows系OSを搭載したシンクライアント端末だけでなく、非Windows系端末からの指静脈認証による本人確認が可能となるため、強固なセキュリティ対策と、複数アプリを一度に認証するような利便性の向上を実現できる点がポイントだ。

 価格は指静脈認証管理システム 静紋:28,000円/台、認証管理システムAUthentiGate J300クライアントライセンス:20,000円/ライセンス、シングルサインオンソフトウェア SRGateクライアントエージェント:700,000円/100ユーザとなる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top