【au2015年春モデル】エモパーも搭載、幅63mmで片手で操作しやすい4.5型「AQUOS SERIE mini」 | RBB TODAY

【au2015年春モデル】エモパーも搭載、幅63mmで片手で操作しやすい4.5型「AQUOS SERIE mini」

IT・デジタル モバイル

幅63mmで片手で操作しやすく、エモパーも搭載した4.5型「AQUOS SERIE mini」
  • 幅63mmで片手で操作しやすく、エモパーも搭載した4.5型「AQUOS SERIE mini」
  • シアンモデル背面。メインカメラは1310万画素
  • マゼンダモデル
  • ホワイトモデル
  • ブラックモデル
 au2015年春モデルとして発表された「AQUOS SERIE mini」(シャープ製)は、狭額縁の「EDGEST」を採用することで幅63mmのボディで片手操作に対応する4.5型のIGZO液晶搭載Androidスマートフォン。

 フレームを極限まで狭くした「EDGEST」デザインにより、本体横幅が63mmとコンパクトさを実現。人工知能によりスマートフォンがユーザーに話しかけてくる機能「エモパー」がauの端末に初めて加わった。

 仕様は、ディスプレイが4.5インチフルHD(1920×1080ピクセル)、OSがAndroid 4.4、プロセッサはMSM8974AB(2.3GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GBとコンパクトながらハイスペックモデルとなっている。カメラは1310万画素/130万画素。撮影環境を自動で判断して効果を確認しながら撮影できるAUTOモード、フレーミングのアドバイス機能を搭載し、インカメラによるワイド撮影、セルフタイマー撮影などセルフィーも拡充させている。

 ネットワークは同時発表の「INFOBAR A03」同様、VoLTE、CA、WiMAX 2+に対応。3Gは非対応になった。おサイフケータイ(NFC対応)、ワンセグ(フルセグ非対応)、赤外線通信、Bluetooth 4.0、防水(IPX5/8)といった機能を搭載する。本体サイズは幅63mm×高さ124mm×奥行9.9mm、重さは約118g。カラーバリエーションはシアン/マゼンタ/ホワイト/ブラックの4色。発売は1月下旬の予定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top