前田敦子、橋爪功の「風俗嬢が似合う?」発言に反論 | RBB TODAY

前田敦子、橋爪功の「風俗嬢が似合う?」発言に反論

エンタメ 映画・ドラマ

前田敦子/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 前田敦子/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 渡部篤郎&時任三郎&前田敦子&板谷由夏&橋爪功&波多野貴文(監督)/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 渡部篤郎/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 前田敦子/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 橋爪功/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 板谷由夏/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 時任三郎/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
  • 渡部篤郎/連続ドラマW「翳りゆく夏」舞台挨拶
WOWOWの連続ドラマWで放送される「翳りゆく夏」の完成披露試写会が1月15日(木)に行われ、主演の渡部篤郎を始め、時任三郎、前田敦子、板谷由夏、橋爪功、波多野貴文監督が舞台挨拶に登壇した。

江戸川乱歩賞受賞の赤井三尋の同名サスペンスを映像化。20年前の誘拐事件の死んだ犯人の娘が大手新聞社に入社することが週刊誌にスクープされる。かつては敏腕記者として鳴らしながら、いまは窓際社員となっていた梶は、かつての事件をもう一度洗い直し始めるのだが…。

渡部さんは「女と男の熱帯」以来、2年ぶりのWOWOWドラマ出演。今回の梶役について「難しい役で、脚本も素晴らしかったので自分に務まるか不安でした」と漏らしつつ「みなさんの力を借りてやりました」と語った。

その渡部さんが「男として憧れている」存在で、共演を熱望したというのが梶の理解者である人事部長の武藤を演じた時任さん。以前『緑の街』で渡部さんと共演してはいるものの、同じシーンはなかった。時任さんが「いい仕事に参加させていただきました」と言えば、渡部さんは「小さい頃から拝見していましたが、お仕事でお会いする機会がなくて…。先輩から教わることがまだまだたくさんあります」と嬉しそうに語った。

前田さんと渡部さんも初共演。前田さんは、20年前に事件を唯一目撃した少女で、いまは風俗嬢をしている女性を演じているが、決して出演シーンが長くはなく、説明的なセリフも多くはない中で人物像や背景を表現しなくてはならず「すごく難しい役をやらせていただきました。監督と渡部さんが引っ張ってくださったのでついていっただけです」とふり返った。

渡部さんはそんな前田さんの言葉に対し「私(=梶役)は人物の過去が描かれているけど前田さんの役はそれが一切ない中で『目撃した』ということと現代だけ。でもお芝居をしてすぐに、役の持つ心のひだを素敵に演じられていて、ビックリしました。私の方が引っ張られてついていった感じでした」と絶賛。波多野監督も「短いシーンに過去が見えて、存在感が強かった」と前田さんを称えた。

橋爪さんは、新聞社の社長役で芝居をした相手は渡部さんと時任さんだけ。実は、前田さんと共演を楽しみにしていたそうで、共演シーンがないと知ったときは「だまされた!」と感じたとか…。「(作品を)降りようかと思った…」と恨みのこもった口調で語り、渡部さんや監督からの前田さんへの絶賛についても「風俗嬢が似合うってこと?」と茶々を入れ、これには前田さんも「なんでですか!」と苦笑していた。

連続ドラマW「翳りゆく夏」は1月18日(日)より放送開始(全5話/第1話無料放送)。

前田敦子、橋爪功の「風俗嬢が似合う?」発言に苦笑い

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top