JINSとオムロンヘルスケア、ウェアラブル端末×ヘルスケア分野で共同開発 | RBB TODAY

JINSとオムロンヘルスケア、ウェアラブル端末×ヘルスケア分野で共同開発

エンタープライズ ハードウェア

JINSとオムロンヘルスケアがヘルスケア分野での共同開発プロジェクトを発足
  • JINSとオムロンヘルスケアがヘルスケア分野での共同開発プロジェクトを発足
  • 「JINS MEME」の拡張インターフェイス部分
  • 「JINS MEME」外観
 ジェイアイエヌ(JINS)とオムロンヘルスケアは7日、ウェアラブル端末「JINS MEME(ジンズ ミーム)」をプラットフォームとした新ソリューションの開発に向けた共同プロジェクトを発足したことを発表した。2016年春の商品化を目指す。

 「JINS MEME」(2015年秋発売予定)は、メガネの形状・機能とともに、JINSが独自に開発した三点式眼電位センサーと六軸センサーを搭載。眠気や集中度、体のバランスなどの生体データ(DEEP DATA)の取得が可能だ。他の機器との接続が可能な拡張インターフェイスも用意されている。

 JIINS MEMEでは、追加的な開発による機能拡張が可能な設計となっている。今回、JINSとオムロンヘルスケアは、「JINS MEME」にオムロンヘルスケアの保有する生体計測・解析技術を応用し、JINS MEMEをプラットフォームとした拡張型デバイスの共同開発を進める方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top