アメリカン・エキスプレスが「夫婦関係の満足度」を調査 | RBB TODAY

アメリカン・エキスプレスが「夫婦関係の満足度」を調査

エンタメ 調査

アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス
  • アメリカン・エキスプレス
 アメリカン・エキスプレスが首都圏・大阪・名古屋で600人を対象に「夫婦関係の満足度」を調査し、約7割が「信頼・満足」と感じていると共に、そのために心がけている「夫婦の絆を強めていくために大切だと思っていること」ベスト5を発表した。

 アメリカン・エキスプレスがこの度行った「夫婦関係の満足度」を調査するアンケートでは、74%が「夫婦は相手を信頼している」、67%が「現在の夫婦関係に満足している」を回答。さらに、85%が「お互いの関係を今以上に良くしていきたいと思っている」を選択した。夫婦が一緒に過ごす時間については平日平均2時間強(141分)、休日平均5時間半(339分)、夫婦の会話時間は平日平均1時間弱(51分)、休日平均1時間半(94分)で、一緒に過ごす時間や会話が多い夫婦でもより良好な関係を求めている結果となった。

 この良好な関係を築くべく「夫婦の絆を強めていくために大切だと思っていること」の項目では、上位5つを「日頃感謝の気持ちを伝えること」(51%)、「もっと多くの会話をすること」(49%)、「感動体験を共有すること」(49%)、「一緒に旅行すること」(49%)、「共有の趣味を楽しむこと」(42%)と、コミュニケーションを多く求める気持ちが占めた。

 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、この結果を踏まえて12月19日より、大切な人とのかけがえのない体験をサポートするカードとして「2人をつなぐ、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」キャンペーンを実施する。

 現在、キャンペーンのオープニングムービーとして、岡田将生主演映画『オー!ファーザー』などを手掛ける藤井道人監督のショートムービー「GOLDEN MOMENT (SURFING×YOGA 篇)」も公開。ショートムービーはそれぞれの趣味に没頭し、いつしかすれ違いを感じてした夫婦が、一緒に楽しめる体験を見つけることで再び2人の絆を取り戻す内容になっている。


《中村好伸》

関連ニュース

特集

page top