レッツコーポレーションが世界最小クラスの4Kカメラ「超ミニカメラ」を発売開始 | RBB TODAY

レッツコーポレーションが世界最小クラスの4Kカメラ「超ミニカメラ」を発売開始

エンタープライズ セキュリティ

ラインナップはブラックとホワイト。小型軽量なので防犯用途での利用も期待できる(画像は同社webより)
  • ラインナップはブラックとホワイト。小型軽量なので防犯用途での利用も期待できる(画像は同社webより)
  • 超ミニカメラの製品仕様。1/3.2インチのCMOSセンサーで最大4Kの撮影に対応している(画像は同社webより)。
 レッツコーポレーションは12月22日より、軽量コンパクトな4K対応ミニカメラ「超ミニカメラ」の販売を開始した。価格は34,800円(税別)。

 野球のボールよりも小さい手のひらサイズ(38.5W×50.3H×20.4Dmm)で本体重量36gという軽量ボディ。一定間隔で静止画を連続撮影するタイムラプス撮影では4K(3840x2160)まで、動画撮影ではHD(720p/30fps)、フルHD(1080p/30fps)にも対応している。撮影した映像はWiFi経由でスマートフォンからライブビューイングで閲覧することも可能だ。

 撮影画像はmicroSDカードに記録を行い自転車用マウント、クリップマウントなどをはじめ7種類のマウントが標準で付属。本体はIPX5の生活防水に対応しており、オプションの防水ケースを使用することでIP66対応の防水性能も実現する。

 防水ケースを使ってタイムプラス撮影をセットすると、野外設置の簡易防犯カメラとしても利用できるだろう。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top