防犯効果の高い商業施設向け入退場ゲート「パイプゲート」~ユニフローが発売 | RBB TODAY

防犯効果の高い商業施設向け入退場ゲート「パイプゲート」~ユニフローが発売

エンタープライズ セキュリティ

売り場の入口と出口を明確に分離することで、施設として防犯対策を行うことができるようになる(画像は同社webの動画より)。
  • 売り場の入口と出口を明確に分離することで、施設として防犯対策を行うことができるようになる(画像は同社webの動画より)。
  • 通常は軽い力で開けられ、通過後は静かに自閉。非常時に力をかけると逆側から押し開けることも可能(画像は同社webの動画より)。
 ユニフローは商業店舗やレジャー施設向けの入退場用ゲート「パイプゲート」を11月から本格販売を開始した。納期は受注後約6週間で、市場想定価格は1セット189,000円(諸経費別)となっている。

 パイプゲートは店舗の売場やレジャー施設などの入退場口に設置するスチール製のゲートで、一方向通行による動線の確保や防犯対策などに用いられる。

 例えば、スーパーの出入口など進路を一方通行にすることで、レジを通らないと商品を持ち出すことができないレイアウトにして防犯効果を高めるような使用が想定できるだろう。もちろん、アピールしたい商品への誘導など、動線を利用した販促にも対応できる。

 なお、非常時には約30kgの力をかけると一方通行の反対側からも開けることが可能。その後の復旧も容易な作りとなっている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top