太陽光発電所向け「無線型ストリング計測システム」の販売を開始~パナソニック | RBB TODAY

太陽光発電所向け「無線型ストリング計測システム」の販売を開始~パナソニック

エンタープライズ セキュリティ

ネットワークカメラやクラウドへの対応によって遠隔監視と保守・メンテナンスを低コストで達成できるシステムだ(画像は同社webより)。
  • ネットワークカメラやクラウドへの対応によって遠隔監視と保守・メンテナンスを低コストで達成できるシステムだ(画像は同社webより)。
 パナソニックシステムネットワークスは太陽光発電所向けの無線型ストリング計測システムを12月より販売開始する。

 大規模な太陽光発電所では太陽電池モジュール数が多く、不具合の発見や点検工数が多いという課題があるが、本システムではブロックごと(ストリング単位)に絞り込んで管理できる点が特徴。価格は個別の見積りとなる。

 異常検知の種類は、断線、故障・固定影/時変影、温度異常など。計測子機とデータ収集用の親機を無線で接続し、ネットワークカメラなども含めてインターネット経由での遠隔監視を行うことができる。

 通信規格は1.9GHz帯のDECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)方式。ETSI(欧州電気通信標準化機構)が策定したデジタルコードレス電話の規格を採用し、Wi-FiやBluetoothなどで使われる2.4GHz帯との干渉が少ない。

 初期導入だけでなく、既存の設備への後付けも可能で、無線接続によって配線コストを削減できるのが大きな利点だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top