東京駅専用のナビアプリを試験公開……無線ビーコンで位置を精密把握 | RBB TODAY

東京駅専用のナビアプリを試験公開……無線ビーコンで位置を精密把握

エンタープライズ モバイルBIZ

現在位置の表示イメージ
  • 現在位置の表示イメージ
  • ルート案内の表示イメージ
  • サインリレーナビの表示イメージ
  • 周辺ビューの表示イメージ
  • アプリアイコン
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2日、東京駅でナビゲーションサービスの実証実験を行うことを発表した。18日より、スマートフォン(iPhone)向けアプリ「東京駅構内ナビ」を試験的に公開する。

 「東京駅構内ナビ」は、無線ビーコンを活用して現在位置を表示できるアプリ。東京駅構内の1階・地下1階に、位置検出用のビーコン約160個を配置することで、GPS以上に精密な位置把握を可能とした。現在位置を表示する機能のほか、周辺の施設情報で方角を特定する周辺確認機能にも対応する。また、出発地から目的地までの経路案内、案内サインを目印にしたガイダンス(サインリレーナビ)なども行える。

 案内対象は、JR東日本 東京駅1階、地下1階 改札内コンコース。対応端末はiOS 7.1.2以上のiPhone。アプリは18日よりApp Storeから無料ダウンロード可能となる予定。

 試行期間は2015年2月28日まで。本試行を通してサービス内容を評価し、今後の実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top