我が子の生後1000日間を記録しよう! スペシャルサイト公開中 | RBB TODAY

我が子の生後1000日間を記録しよう! スペシャルサイト公開中

IT・デジタル その他

子育て支援スペシャルサイト「成長まるごとハンディカム」
  • 子育て支援スペシャルサイト「成長まるごとハンディカム」
  • 子育て支援スマートフォンアプリ「育児手帳」も配信
  • アプリ内コンテンツ「子育てレコード」
  • プロジェクター機能も内蔵するソニー「ハンディカム HDR-PJ800」ブラックモデル
  • ハンディカム「HDR-PJ800」ブラウンモデル
 ソニーマーケティングは、赤ちゃんの誕生から生後1000日間の記録を集めたスペシャルサイト「成長まるごとハンディカム」を公開中だ。ソニー製デジタルビデオカメラ「ハンディカム」で自分の子供の生後1000日間を記録することの重要性を訴えるほか、赤ちゃんのする何気ないしぐさの意味なども教えてくれる。

 同サイトでは、生後日数に合わせた赤ちゃんの何気ないしぐさや行動に、どんな成長や発達の意味があるかを動画でわかりやすく紹介。「生後約0日~100日」といったように自分の子の成長時期に合わせた動画が20本用意されており、その時期にどんなしぐさをし、それがどんな意味をもつのかを解説。育児不安を抱くママへの“動画育児書”役割を担っている。

 また、生後1000日間の思い出を、家族みんなで一緒に映像で振り返ることは、子どもの健全な心の発達に有用という見解もあり、生後1000日間の記録を残すことを推奨している。同社では、自分の子の成長記録を映像で未来に残すことで、子供といつまでも分かち合える良き思い出にして欲しい、親子の絆を繋ぐきっかけにして欲しい、という思いのもと、同サイトを開設したとしている。

 同サイトの開設に合わせて、医療機関と連携した子育て支援スマートフォンアプリ「育児手帳」も配信開始。アプリ内コンテンツ「子育てレコード」にも、「成長まるごとハンディカム」同様の動画が公開されている。同アプリは、iOS 5.x以上、Android OS 4.x以上のスマートフォン、タブレットで利用できる。

 同サイトでは、子育て記録ビデオカメラとしてハンディカム「HDR-PJ800」の機能も紹介。「HDR-PJ800」は、空間光学手ブレ補正を搭載するハンディカムシリーズの最上位機種で、輝度50ルーメンのプロジェクターを内蔵しているのが特長。動画時有効画素数は614万画素(16:9動画時アクティブモードOFF時)、レンズは光学12倍ズーム、液晶は3インチタッチパネル、内蔵メモリーは64GB、連続撮影時間は約2時間(付属バッテリー使用時)という仕様。本体サイズは幅67.5mm×奥行124mm×高さ72mm、重さ約450g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top