JAF-MATEから画像解析による安全運転支援機能付きドライブレコーダーが登場 | RBB TODAY

JAF-MATEから画像解析による安全運転支援機能付きドライブレコーダーが登場

エンタープライズ セキュリティ

カメラ内蔵の本体をフロントガラスに設置。水平110°の広角レンズでフルHD画質の記録が可能。
  • カメラ内蔵の本体をフロントガラスに設置。水平110°の広角レンズでフルHD画質の記録が可能。
  • 撮影画像の確認は専用ビュワーソフトにて対応。GPS位置情報や前後左右の加速Gも確認できる。
 株式会社JAFMATE(ジェ・エー・エフ・メイト)は、安全運転支援機能付きドライブレコーダー「ドラドラ6」を11月15日に発売する。通常のドライブレコーダーとしての映像記録だけでなく、アラームや音声などでドライバーに前方衝突や車線逸脱などの注意を促す機能を備えているのが特徴だ。

 ドライブレコーダーとしての基本機能は、フルHD録画、加速度センサーによる自動録画機能などとなっている。これに加えてカメラ映像をリアルタイムで画像解析することで、追突警告や前車発進警報、車線逸脱警告などを検知・警告するというもの。同社オンラインショップでの直販価格は36,720円(税込)となる。

 カメラ映像の画像解析技術も、普及価格帯の製品に搭載されるようになってきた。特定の車種に限らず汎用のドライブレコーダーに搭載されるという流れは、今後も増加が予想される。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top