EIZOがIPカメラ向け監視モニターをONVIF対応にバージョンアップ | RBB TODAY

EIZOがIPカメラ向け監視モニターをONVIF対応にバージョンアップ

エンタープライズ セキュリティ

HUBを介してネットワークカメラを接続するだけで防犯カメラ監視システムが完成。フルHD対応、オーバードライブ対応IPS液晶など、基本機能も充実している。
  • HUBを介してネットワークカメラを接続するだけで防犯カメラ監視システムが完成。フルHD対応、オーバードライブ対応IPS液晶など、基本機能も充実している。
 EIZOはIPカメラの遠隔操作に対応した液晶モニタ「DuraVision FDF2304W-IP」を、「ONVIF(Open Network Video Interface Forum)」へ対応させることを発表した。新バージョンの発売は12月を予定しており、価格はオープンとなる。

 本機はPCレスでIPカメラ16台を接続、制御できるセキュリティ用監視モニターだ。今回のバージョンアップでONVIF規格準拠となり、同規格の他社製カメラも接続して利用することが可能となる。

 液晶本体自身がLinuxベースのシステムで構築されており、他にPCなども不要。小規模な店舗などでも導入が容易といった特徴がある。バージョンアップにより他社製品との互換が行われたことで、より導入しやすい防犯システムとして注目されるだろう。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top