NEC、仮想化・クラウドサービス基盤の最新版……SDNコントローラ搭載 | RBB TODAY

NEC、仮想化・クラウドサービス基盤の最新版……SDNコントローラ搭載

エンタープライズ ハードウェア

Cloud Platform Suite R4.1
  • Cloud Platform Suite R4.1
  • ベーシックパッケージの主な構成
  • 価格と出荷日
 日本電気(NEC)は28日、仮想化・クラウドサービス基盤「Cloud Platform Suite R4.1」(CPS R4.1)の販売を開始した。

 「CPS」は、事前に設計・構築・検証済みの製品(サーバ・ストレージなどのハードウェア、OS・仮想化ソフトなどのソフトウェア)、説明書や運用ガイドラインなどのドキュメントを、まとめて提供するセット製品。仮想化基盤の構築・増設・拡張が容易なのが特徴だ。

 「CPS R4.1」では、サーバやストレージのITリソースの仮想化に加え、スイッチ等のネットワークリソースについても仮想的に構築・設定することが可能な「SDNセット」を提供。新たにSDNコントローラを搭載することで、CPS内のネットワークをSDN化し、従来のITリソースの管理に加え、ネットワークリソースも統合的に管理することを可能とした。論理・物理のネットワーク構成は管理画面により見える化され、一元的に把握できる。ネットワーク設定・変更時にはSDNコントローラから各SDNスイッチに対して一括設定を行うことが可能。

 サーバはExpress5800シリーズ、ストレージはiStorage M310シリーズ、ソフトウェアはVMware vSphere 5.5やNetBackup 7.6など、最新製品を採用。また、仮想化ソフトウェアは、従来のVMwareに加え、Windows Server 2012 R2 Hyper-Vにも対応する。あわせて、Hyper-Vに対応した中堅企業向けの追加構築セットの提供も開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top